独身の時はワンルームマンションに住んでいた。一人の時は、隣の音に悩まされたことはなかった。

隣人も騒がしい人ではなく、壁も厚かったのだろう。

結婚して、引っ越しを考え、場所、間取りや予算などから、
手頃な2DKハイツに住むことになった。
しかし、住んでみて、とまどったのは、まず隣人の話声だ。
何を言ってるからわからないのだが、ボソボソずっと聞こえることがかえって、ストレスだった.

特に男の人の声やいびきはよく響いていた。 もうひとつは、玄関ドアを開閉するとその振動がハイツ中に伝わる。
私が住んでいたのは2階建ての計6世帯のハイツだったが、どの部屋の玄関ドアがあいても、響くのですぐにわかった。

もちろん、足音はかなり響いていた。 幸いハイツの人たちとは仲良くさせてもらっていたので表だった騒音トラブルはなかった。

みんなで音に関しては暗黙の了解で気遣いながら暮らしていた。

 

騒音って実際に過ごしてみないとわからないことも多い。
また人間関係も同じだ。
運と言ってしまえばそぅなのだが出来ることなら調べておきたい。

また住居を探す際に注意したいこと他にはどんなことがあるだろうか?

例えば、近隣の夜の様子。
駅からの人通りや、外灯の数。
意外と引っ越すまで調べない人が多い。
しかし、家族で住む場合は特に気にしたいもの。
子供の学校に通う通学経路などの安全面も事前に調べておきたいものだ。

 

にきび跡クレーター治療【症例写真】 ソララクリニックはこちら

株式会社アポロンでデザイナーズ賃貸を探す。のホームページへ